患者に合わせた様々な医療機関がある

何故必要か

子供の「歯並び」の重要性

従来、子供の歯の健康維持には、「虫歯」予防さえ行なえば良いという風潮がありました。そのため、子供達の「歯並び」についてはさほど重要視されず、そのまま放置されるというケースが大半でした。歯への意識が高い家庭だけ、矯正歯科に通い治療を受けるという状況でした。 このような状況が続いた中で、学校検診等で「歯並びの異常」をもつ子供達の増加が、顕著になってきました。歯並びや噛み合わせの悪い子供達が増え、それに伴い様々な問題が起こってきたのです。 このような状況を改善するために、今日の歯科検診では、従来の虫歯のチェックに加えて、歯並びや噛み合わせ機能についても検診を行なうようになってきました。「歯並び」の重要性が認められるようになり、矯正歯科での治療が必要な子供達が発見されるようになったのです。この結果、早期の段階で矯正歯科での治療を受けることができ、簡単な治療ですむケースが増えてきたのです。 「歯並び」の良し悪しは、勉強や運動、全身の健康にも影響を与えることが分かっています。今後、「歯並び」の重要性がますます認知され、矯正歯科に通う子供達が増加するでしょう。

日頃の何気ない「癖」に気をつける

「歯並び」を悪くする原因としては、顎の骨と歯の成長のバランスが崩れていることがあげられます。子供の歯は、時期や年齢がくれば自然と生え変わります。しかし、顎の骨の成長は非常に個人差が強いものです。永久歯が生え変わる時期になっても、思ったように成長が進まない場合もあります。その結果、十分な口中のスペースを確保することが出来ずに、歯並びが悪くなるのです。 このようなことの他に、日常生活の癖も「歯並び」に影響を与えます。例えば、「指しゃぶり」があります。幼児期の指しゃぶりは心配いりませんが、小学校入学後も続くようであれば、「歯並び」を悪くする要因になるので注意が必要です。 また、「頬づえ」や「うつ伏せ寝」等も、歯並びを悪くする原因になります。顎のバランスが崩れ、歪んでしまいます。このような日常生活の癖にも、十分気をつける必要があります。

  • 相談をしよう

    コンビニの数を超えたと言われる歯科医院は、全国に多く点在しています。しかし、中には自身に合わない歯科もあるでしょう。途中で治療を辞めてしまうといけませんのでよく考えて行動をする必要があります。

  • 補える

    歯がなくなると、それを補う形で傾いたり全体が乱れたりなど、歯並びが悪化することがあります。それを防ぐ意味でも欠損場所をカバーする必要があり、インプラントは自身の歯のようなつけ心地が自慢でトレンドとしても知られています。

  • 歯周病は怖い

    歯磨きを怠ると、虫歯だけではなく歯を失う原因歯周病に感染するおそれがあります。実際、それが原因で総入れ歯になった人もいるでしょう。歯磨きでは落とせない汚れは歯医者さんで取り除くことも可能です。

  • 女性に人気の治療

    若い女性を中心に人気が広がっている審美歯科での治療ですが、人気の理由の一つは利用のしやすさです。治療によってコースが設けられていて、安いプランであれば数万円単位から受けることができるのです。