患者に合わせた様々な医療機関がある

相談をしよう

歯科医をかえたいとき

「冷静になってもう一度よく考えてみましょう」。歯科医をかえたいと思ったときには、一度時間をおいて冷静に考えてみることをおすすめします。診察時の会話で些細なことから感情的になっている場合も少なくありません。歯科医も人間ですから、説明不足になってしまって誤解を受ける場合があります。自分自身にも反省すべきところはなかったか、よく考えてから判断しましょう。少なくとも、患者さんの口の中の状態を一番よく知っているのは、主治医たる歯科医なのですから。また、継続的な処置が必要な場合(数回の治療でワンセットとなる場合)には、安易に歯科医をかえるのは問題です。治療が中途半端になったり、中断によって病状が悪化する場合があるからです。

情報の信頼性を吟味する

どうしても歯科医をかえたい場合でも、治療の区切りがいいところまで待ったほうがいいでしょう。「情報収集して歯科医」を探す。最近、インターネット上でホームページを公開している歯科医院も増えました。インターネットが提供する膨大な情報の信頼性を吟味することは必要ですが、こうした情報も参考になります。生涯健康な歯を保つには、定期的なメンテナンスが欠かせません。歯科医院とは長い付き合いになります。よい「かかりつけ医」を見つけるため、十分納得するまで研究するのは当然の権利です。今は患者さんが歯医者を選ぶ時代といえます。また技術は日進月歩で進んでいます。歯科医の方でも、患者さんに選ばれるドクターを目指して、日々勉強している人が増えています。