患者に合わせた様々な医療機関がある

歯周病は怖い

手入れをしない事で進行していく歯周病

歯に関連する代表的な病気として虫歯があります。これは歯を構成するエナメル質そのものが口内で増殖した細菌活動によって破壊されていきますが、歯磨きによって口内の衛生環境を保つことにより大抵は予防が可能です。 このような単純な歯磨きだけで予防できないのが歯周病です。歯周病は歯と歯茎の間にある小さなすき間に歯垢が少しずつ蓄積していくことで細菌が増殖し、また、時間の経過によって歯石へと変化することで歯と歯茎の両方の破壊を進行させてしまいます。 痛みなどの自覚症状が無いため、歯医者に長年行っていないという場合もありますが、そのような場合こそ歯周病が進行しているリスクがあります。 自分では歯磨きをしたつもりでも、歯のすき間に入り込んだ小さな歯垢や、歯にこびりついた歯石を除去することは難しいため、定期的に歯医者に通ってケアをする事で歯周病の進行を予防することができます。

歯周病の病態と治療について

歯周病は進行すると、歯茎が腫れはじめ出血するようになります。このような状態となると歯磨きのみでの状態の改善は困難であり歯医者での治療が必要となります。このまま放置すると症状はさらに進行し歯肉が退行して歯茎が痩せたり、酷い場合は歯根が溶ける場合もあります。 この状態を改善するためには、炎症の原因となっている歯石や歯垢を完全に除去し、細菌が繁殖しないように口内衛生を改善する必要があります。歯周病は発症初期は自覚症状がほとんどないため、気づかずに進行してしまいます。また、気づいても食生活に影響が出にくいため放置してしまった結果、重症化しやすくなります。 日常的かつ丁寧な歯磨きと、定期的な歯医者での検診こそが歯の健康を保つ上で重要となります。